事前に情報を調べることが大切|医学部予備校に通う

生徒

豊富な授業時間

眼鏡

医学部への入学を考えているなら少人数制で、その生徒に応じた受験指導をして合格へ導いてくれる医学部予備校が一番です。福岡の医学部予備校は、群を抜く授業時間を確保して学力をつけていきます。指導してくれる講師も経験豊かなプロで、基礎から丁寧に指導してくれます。

探し方が重要となる

レディ

進学しやすい方法

大学進学をしたい人で、特に医学部に入りたいというのであれば、医学部予備校を選択する必要があります。独学では合格が難しいと言われている学部だからです。できれば、医学部予備校に通っていた方が合格率も高くなります。また、東京で探してみることをお勧めします。東京には、医学部予備校がたくさんあるからです。もちろん、地方に住んでいる人がわざわざ東京の医学部予備校に通うのは大変です。東京在住限定となります。医学部予備校に通うことで、大学進学への道が近くなると言われています。医学部合格に向けた専門的な学習ができるからです。もちろん、医学部なので医学を全面的に学ぶことになります。高校のうちから、ある程度は医学に関して学んでおいた方がいいかもしれません。

合格率で選ぼう

東京の医学部予備校を選択するのなら、合格率の高いところを選びましょう。これまでの実績を調べます。医学部予備校のホームページに過去の実績が掲載されているはずです。特に重要なのは、昨年度の合格率です。年々、合格者が多くなっていれば、それだけ進歩が見られる予備校だということが分かります。一方、合格率が落ちてきているようであれば、別の医学部予備校にした方がいいかもしれません。講師陣の経歴なども参考にして選んでみましょう。もちろん、評判を調べてみることも大切です。口コミ情報を見てみましょう。その予備校に通っていたという人の声は参考になります。実際にどんな勉強をしたのか、どこの医学部に入ったのかといった情報も収集してみましょう。

大学入学試験の方法

学生

ao入試とは大学側の求める人物像に合致しているかを見られる試験です。各大学ごとに何を課してくるかはさまざまですが、自分の現在の状況と求められているものとの差を確実に認識できれば決して難しい試験ではないです。

論理展開を意識して

原稿用紙

小論文の書き出しは結論をまず書くのが最大のコツです。全体としては結論をかき、各文章では時、場所、人などを主語にするとよいでしょう。簡潔でわかりやすい文章でなければなりません。新聞や過去の解答集を読むと参考になるでしょう。